湖畔の歴史

鳥屋野湖畔の古きよき館

皆様に支えられ昭和三十三年の創業以来、鳥屋野潟のほとりで新潟の歴史を見守り続けて幾数十年。
癒しの空間の中でその時代の記憶をほんの僅かでも後世に伝えてゆける、そんな場所であり続けたいと思います。

おもひで写真館

旧新潟県庁別館を移築。時代が刻まれた湖畔の本館旧新潟県庁別館を移築。時代が刻まれた湖畔の本館
写真

旧新潟県庁舎。工事にかかって間もない頃。外壁の一部と瓦を下ろし始めている。

写真

移築後の3階大広間。200畳敷の大宴会場がかつての県庁舎だったことを思うと非常に感慨深い。

写真

移築後の本館を望む。当時の材木や建材がそのまま残る。手前の自動車からも当時が偲ばれます。

館内に残る貴重な写真で鳥屋野潟の歴史を少しだけご紹介
写真

創業間もない頃の空撮写真。当時は新潟駅から当館を一望できたという、その姿を捉えた一葉。

写真

鳥屋野潟を望む。沿道は砂利道、並木道の桜はまだ幼木。他の写真にも、桟橋にヨットが繋いであるものが多くありました。

写真

当時のお花見風景。その時代の雰囲気が感じられる。桜の幹は今の三分の一も無いように見える。

写真

初代弁天橋。木造のかなり大きな橋だったようです。たもとの大きな松の木が重厚な風情を漂わせます。

写真

弁天橋。別の角度から。

写真

桜満開の時期、多くのボートとヨットで賑わう鳥屋野潟。湖から眺める千本桜は圧巻であったと思います。

鳥屋野湖畔を彩った新潟舞妓 日本文化の伝統美鳥屋野湖畔を彩った新潟舞妓 日本文化の伝統美
写真

水面に漂う桜の花びらを背景に。

写真

綺麗な髪飾りと自然な表情を捉えた素晴らしい一葉。

写真

桟橋の上で。

page top